航空管制官、再受で医学生なう。

航空管制の話題を中心に。航空と医療をつなぐ。

はじめに

 

 はてなブログをご覧の皆さま、How do you read?

How do you read?
「感明度いかがですか?」の意。自局の通信に異常が無いか、他局に確認するのに用いる。相手局は1~5の5段階の指標を用いて応答する。感明度良好ならば "Reading you 5" と返答。新人訓練生が(雑音多くて聞き取りにくいなぁ)と思って "Reading you 3" などと答えると、OJT監督者から「5って言っとけ!」とツッコまれる。なお、そんな新人訓練生も管制官発令が出る頃には、何が5に満たないのか、肌感覚(各々の訓練監督者が発する『圧』)で覚えるようになる。

 

 念願の医学部に進学して2年目を終えようとしております、US(Uniform Sierraと申します。

U:Uniform / S:Sierra (Phonetic code)
無線において、音の聞き間違いによる情報の誤伝達を防ぐために用いられる通話表。追々ご紹介します。なお、私が真面目に覚える気を起こしたのは、航空無線通信士の試験直前。

 

 航空保安大学校本科x期を卒業し、ノンレーダーもあるターミナル官署で数年間勤務しておりました。

航空保安大学校
航空保安職員を養成する、大阪府泉佐野市に設置された国土交通省の大学校。運航情報官、管制技術官をはじめとするスペシャリストを養成する。その中に航空管制官の養成課程もある。

本科
2008年度の採用試験で募集を終了した、2年制の養成課程。高卒で管制官を目指すならココ。

ノンレーダー
現在ではレーダー点検のための停波など、何らかの理由でレーダーが使えないときに、パイロットがリポートする高度差・時間差・距離差を基に進入管制業務を行う方式。
各官署にノンレーダー研究家・ノンレーダーの大御所と呼ばれる人がいるので、やる気のある新人たちは教えを請うが、話を聞いているうちに、整理するための図も書けないくらいに頭がこんがらがってしまう。とりあえずチームの訓練担当から基本を学んでおこう。

ターミナル官署
空港のことです。この対義語としてエンルート官署があります。その他にタワー官署などありますが、追々ご紹介。

 

 CAB退職時は「航空業界から完全に足を洗うし……」と思い、AIM-J黒本(第五管制処理規程)も人にあげちゃった、ついでに退職時の辞令はその日のうちにゴミ箱に捨てちゃった猛者です。

CAB(Civil Aviation Bureau)
航空局のこと。国土交通省の組織の一つ。「シーエービー」と読む。国交省航空管制官は、ここの所属。タワー・ターミナル官署の管制官が搭乗訓練に行って「CABの〇〇です」と名乗らないと、その航空会社の地方空港事務所の職員と思われて、内輪の話を始められてしまう。とても気まずいので注意。

AIM-J  
公益社団法人 日本航空機操縦士協会(JAPA)が発行する、操縦士向けのマニュアル。管制上、航空機の運航を知るのに役立つ。航空気象は気象庁監修で、特に使える。

黒本(第五管制処理規程)
管制官のバイブル。この規程に基づいて仕事をしています。聖書を捨てた私は背教者(笑)。細かいことは、いずれ。

辞令
ただの紙一枚。されど紙一枚。偉い人の名前で、自分の処遇について「与える」「命じる」などと記載される、究極の拘束プレイ。
とある管制官は一身上の都合で退職時、「(辞職を)許可する」という言葉の選び方にイラっときて、その日のうちにゴミ箱へ捨てた。なお、これが民間で言うところの『退職証明書』であり、後日某所で退職証明書の提出を求められ。前の事務所に恥を忍んで「大変お手数ですが、コピーを送ってください」と電話で頼んだ。送付されたコピーには、応対してくれた事務方さんの手書きメモで「新天地でも頑張ってくださいね。応援してます。」と添えられていた。泣いた。

 

  今までのキャリアは全てゼロになったものとして、ここ数年は生活しておりました。

 

 最近あることをきっかけに、ふと、訓練で培ったもの・教官から与えられたものを埋もれさせるべきではなく、何かの形で社会の役に立たせるべきだ、と意識が変わりました。

 

 そこでSNSを活用して、管制、パイロット、そして航空機の運航に関わる多くの職種の人達を結び付ける活動を始められたら、と思い、ブログを綴ることにしました。ここにちょっぴり医療も関連させながら。

 

  • 航空管制官って何?」という航空分野に明るくない方
  • 航空管制官を目指してます!」という希望に満ち溢れた方
  • 「訓練中です」という気分転換が必要な方

  • 「航空英語について学びたい」という熱心な方
  • 管制官ってどんなことを考えてるの?」という鋭い視点をお持ちの方

  • 「何で管制官を辞めてまで医者を目指すの?」という興味津々な方

皆様の好奇心にお応えしたいと思います!

 なお、職務上知りえた事柄など、国家公務員としての守秘義務は現在も継続しておりますし、「個人の見解です」と逐一断りを入れることも多々ありますが、温かく見守っていただければ、と存じます。

 

 それでは、本日の運用時間はこれまで。Good day!