航空管制官、再受で医学生なう。

航空管制の話題を中心に。航空と医療をつなぐ。

華やかなパーティーに出席したGW

今週のお題ゴールデンウィーク2018」

 

 ゴールデンウィークは皆さまいかがお過ごしでしたか?航空管制官は輪番制なので、現役時代は大型連休だからといって特別なことは無く、
「旅客が普段より多いなぁ」
「普段よりも出発準備に時間がかかるなぁ」
「満席だから機体が浮くのに距離かかるなぁ」
ぐらいしか思うことはありませんでした。でも、とにかく、天気が良いのは良いことだ。Uniform Sierraです。

 

 今年のGWはアウトドアでの趣味を満喫しましたが(学生生活、最高!)、なんといってもハイライトは、お世話になったサークル顧問の先生の退職記念の宴でした。会場は、こちら。

f:id:atc_medic:20180506195037j:plain

 ホテル名載ってますけど、ここでパーティーと言われたら、誰でも自然に背筋が伸びますよね(笑)。今月のお花のテーマは『ハワイ』だそうです。

 諸事情により受付のお手伝いに加わったUSは、錚々たる顔ぶれに航空管制よりも緊張しつつ、ベテラン秘書さんに励まされながら任務遂行。何百人にも及ぶお客様のお名前とお顔が一致して、それぞれ個別対応している、研究室の先生方と秘書さん達、すごい。

 多方面のご来賓からの祝辞、ビッグバンドの生演奏、有名なパフォーマーのステージ……。世の中にはこういう華やかな世界が実在するんだ……と知らない世界を垣間見た一日でした。

 元教え子を含む学生は、二次会@ライブハウスのお手伝いがメインだったのですが、そちらに参加される方の人数も多く、幅広い分野の方とお話しできて楽しかったです。ごくたまに訪れるこういうシーンで、年齢を重ねてから学生の立場になるメリットを感じます。

 

 寮に戻って写真データを整理していると、パーティーの集合写真に写っているみんなが、めっちゃ良い笑顔でした。実は先生には3年前の初対面の席で、
「君、作り笑いはやめなさい」
と言い当てられたので、自分の表情に若干不安を感じていました。さて今回は。
ちゃっかり先生の隣に笑顔で写ってるの私じゃん。

 

 それでは、So long!

 

So long!

エアバンドを聞いていても、多分滅多に聞けない単語。USの経験上、青い某社のA320またはB737に乗っているPが「Good day.」の代わりに使う傾向あり。 管制官に親しみを込めて言ってくださるのか、真意は不明。
同僚のオジサン管制官たちが「カッコつけないでほしいなぁ」と言うので、US在職当時は「AKB48の新曲のタイトルですよ。きっとこのP、まゆゆ推しなんですよー」とボケておきました。まゆゆ推しのPという誤解を受けたら全面的に私が原因ですが、影響は微細なので責任は取りません。
管制官は照れ屋が多いので、あんまりシャレた単語使わないでください。
でも今回は使う。なぜなら特別な機会だから。