航空管制官、再受で医学生なう。

航空管制の話題を中心に。航空と医療をつなぐ。

Twitterで採用試験対策を受け付けた結果

 人生で一度たりとも就活をしたことがない、Uniform Sierraです。

 

 昨日、ようやく今年度のCAB管制官の採用試験が終わったそうですね。皆さんお疲れさまでした!レーダー誘導はどうでしたか?

 私はTwitter航空管制官を目指す人向けに、アドバイスを受け付けておりました。
「現役管制官じゃないアナタがどうしてそんなことするの?」
と指摘されそうですが、

①現役航空管制官はあまり公に語ってはいけない。
(そもそも全国に1900人しかいないから誰が書き込んだか特定が容易。)
航空管制官対策講座は存在するが、実際どの程度の指導力か疑問。
(採用試験本合格者で、その講座の受講生は少数派。そもそも受講する人が少ないのかもしれないけど。)
SNS隆盛の時代に、ちょっと噛んでみたい。
(CAを目指す人に向けて、国内大手・海外フラッグの現役CAのおねえさま方がアドバイス講座というのをTwitterで募集しており、私自身が持っている知識をこのまま脳内に放置するのは勿体ないと感じた。)

ということで、ちょっとやってみました。

f:id:atc_medic:20180901154353j:plain

フリー素材「ぱくたそ」より

 

管制官に興味ある人・受験生の反応が実際にあった
 フォロワーは受験予定者が多い印象でした。アカウントは鍵付きの方がほとんどでしたが、DMで直接コンタクトをしてくる人がちらほらいらっしゃいました。採用試験の対策法は「ATCJapan」というサイトが詳しいので、受験者の方の採用試験に関する質問は少なく、むしろ
「どうして管制官を辞めたんですか?(≒職場で嫌なことがあったんですか?)」
という系統のご質問が多かったです。「もともと医学部で勉強したかったので」と回答しても、皆さん掘ってくるw「お金少ないんですか?」とかwww多分医者の方が低いから安心しろ(夜勤ある官署ならば医者より断然ペイが良いんじゃない?)。
 DMの6割が受験者ではなく、採用試験に興味あり、という人でした。
「受験をしてみようかと思っているのですが、管制官ってどんな仕事ですか?採用試験って難しいですか?」
的な内容でした。リクルートに熱心な現役職員のために、「ggrks」という塩対応はせず、「『航空管制官公式』というサイトがありますよ(ニッコリ)」と返事しています。せめて下調べしてから質問してくれ!今通っている大学のOCでも「受験問題って難しいですか?数学ⅡBまでで受験できますか?」というレベルの質問を受け付けることはありますが、質問してくるのは中高生だから仕方ないと思っています。しかし成人になって同じレベルの質問受けると、がっかりするぞ。


 独自性を出したアドバイスを投稿
 1次試験は基本的に国家公務員試験なので、公務員試験受験者勢が強いと思われます。
「英語だけ出来ても試験は突破できない」
という主旨のアドバイスをしました。私が予備校に通っていた頃、
「得意科目や得意分野だけ勉強しても他の医学部受験生と差別化できないから、他の医学部受験生が出来ているのに自分がその平均以下のポイントを中心に勉強してください」
と担任の先生にアドバイスされたのですが、これは今の塾講師バイトでも使っているネタなので、そのまま使いました。ありがとう、S台の〇先生。
 以降の試験は「現役管制官・管理職なら何を考えるか」という元管制官の経験を生かした、試験に臨む心構えを展開しました。多分これは対策講座では出来ないレベル。
 面接試験では、「面接官が何を考えているか読む」ことが大切です。同じ観点で医学部の面接も突破したので、私の考える面接対策法はそこそこ使える気がする。

 

面接対策で活用いただけないのが残念

 DMで「面接の質問対策」を聞くのが一番賢い利用法だと思って、「そういう人来ないかな?」待っていましたが、残念ながらいらっしゃいませんでした。
 先に述べたCAの皆さんの対策講座は、面接でどんなことを答えるか、細かく指導していらっしゃいます。やはりペーパーより面接内容が重要ですよね。
「公務員の面接って、かなりヤバい奴だけを除外する目的でしょ?」
と言われがちですが、管制官面接が大事
 もし本気で有料の面接対策講座を開講したら、模擬面接問題(エントリーシート的な)を作成し、添削して……と考えると、私一人でやるから適正価格が分からない。既存の対策講座よりポイントを絞って安くすれば、需要は毎年10~20人という小規模でありそう。しかしCAほどのネットワーク(専門学校・スクール的な場所)を持たないから、個人で展開するのは限界あり。ニッチなビジネスを考えるのは難しいですね(笑)。やはりボランティアが一番。

 

 フォロワーの皆さんが「#春から航空管制官」になるのを楽しみにしております。
 それでは、Good day.