航空管制官、再受で医学生なう。

航空管制の話題を中心に。航空と医療をつなぐ。

モンゴル旅行記⑬ テレルジの観光ゲルキャンプ

 大学の交換留学で一昨年の8月、モンゴルへ渡航したときの話題を備忘録的に連載。前回はこちら。

atc-medic.hatenablog.com

タグ「モンゴル」からもご覧いただけます。

 

 チンギスハーンの巨大騎馬像を後にして、テレルジ国立公園に向かいます。

f:id:atc_medic:20190113134633j:plain

車窓から

 川を渡ったあたりから、国立公園の敷地だそうです。

f:id:atc_medic:20190113134722j:plain

テレルジの帰りに河原でキャンプをしました

 

 場所が正確に同じかどうか自信はないですが、冬はこんな感じみたいです。

 

f:id:atc_medic:20190113135105j:plain

だんだん、それらしい草原に。

f:id:atc_medic:20190113135140j:plain

f:id:atc_medic:20190113135156j:plain

山が、岩。

 そして2日間泊まる、外国人向けの観光ゲルキャンプに到着。嬉しいことに、共用のシャワーとトイレ(水洗。使用後の紙は個室の中の箱に捨てるタイプ)がついていました。それだけで幸せを感じられるのがモンゴルの旅です。

 中央の丘の裏に、我々が泊まったゲルコテージがあります。夏は一面が草原で、放牧された牛がゲルまでやって来たのですが、2018/1/13現在のGoogle Mapだと全く想像のつかない景色……。

 食堂兼売店、お土産物屋さんのほか、民族衣装の試着(若い男の子はモンゴル相撲の服をしっかり着てたよ)、モンゴル式アーチェリーなどが体験できました。

f:id:atc_medic:20190113141304j:plain